<< ET1 リポバッテリー | main | ET1 リポバッテリーの充電方法 >>
2017.08.11 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.03.20 Wednesday

    電動ガンとリポバッテリーの相性は?

    0
      モーターを回すわけなのでバッテリーの放電能力がモノを言うわけですが
      放電能力だけをみると

      ニッカド     40C
      ニッケル水素   30C
      リチウムポリマー 35C

      (C値が高いほど性能がいい)

      とニッカドが1番性能がいいわけですが、
      これはあくまで能力だけをかいつまんだだけの一覧であって
      例えば物理的にバッテリーとして同じサイズ
      マルイのミニバッテリーサイズにした場合は下記のようになります。

      ニッカド:       600mAh×40C=24A
      ニッケル水素:   1300mAh×30C=39A
      リチウムポリマー: 2000mAh×35C=70A


      ニッカドは放電能力が高くてもサイズが大きい
      つまり小型・高性能になるとリポバッテリーに軍配が上がってしまうわけです。

      特にモーターと言うものは負荷は回転数によって抵抗値が変わるのですが、逆に言えばスタート時の極一瞬が最大電流の必要なポイントとなるので、短期的にでも大電流を使用する事のできる
      リチウムポリマーはモーターを回す電源としては最適
      ということになります。



      特にリチウムポリマーは初期放電は
      短期的に40〜50Cの能力
      があるそうなので単発のキレや連射の安定性ともに電動ガン向きなバッテリーとなります。

      モーターやバレルの強化もいいですが
      元となるバッテリーの性能の強化も考えてみてはいかがでしょう?
      2017.08.11 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする