<< ガンダムセンチネルシリーズ再販! | main | 旧1/60シリーズ再生産に待望アイテム! >>
2017.08.11 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.07.08 Monday

    次世代M4シリーズに入るET-1リポバッテリーは?

    0
      電動ガンを高性能なリポバッテリー化してみよう!!

      ET-1リポバッテリーの検証第2弾!


      今回は東京マルイの次世代M4シリーズです。

      いわゆる純正バッテリーで
      「8.4V ニッケル水素1300mAh SOPMODバッテリー」
      が入るタイプ全般についての検証になりますね。

      ではいきましょう!
      今回はSOPMODバッテリーが入る標準的なストックの
      東京マルイ/次世代電動ガン/ レシーライフル
      で検証します。



      まず、ストックを開けるとこんな感じ。
      おなじみ、SOPMODバッテリーのソケットが見えます。



      ここにM4シリーズのリポバッテリー化ではお馴染みの
      ET1/トリガートーク 次世代外部バッテリーコネクター
      上下の+−を間違えに注意してそのままセット!

      今回、装着するリポバッテリーはこちら、



      SOPMODの標準ストック片面に楽々入るもので、
      容量が最大はこちらのリポバッテリーとなります。



      コネクターに接続して挿入!
      縦でも横でも楽々はいっていきます。



      配線はHK416と同様にソケットは反対側の空間に押し込めてください。



      SOPMODバッテリーは特徴としてバッテリーの斜面部分が
      そのままストックに露出するので、それの代わりとなる
      バッテリーカバーを配線の上から被せてやります。

      これは前述の
      ET1/トリガートーク 次世代外部バッテリーコネクター
      にセットとして同梱されてます。



      あとはストック底部をキッチリと被せてリポバッテリー化終了です!
      2017.08.11 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする