<< リポバッテリー用充電器 | main | 電動ガンの配線は? >>
2017.08.11 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.05.03 Saturday

    イーグル模型/D1−M チャージャー使用方法

    0
      今日は充電器についてですが、

      一般にマルチタイプと言われるマルチチャージャーとかマルチ充電器とかの多機能・高性能充電器についてです。

      代表的なものに
      イーグル模型/D1−M チャージャー

      などがありますが、こちらで説明していきます。


      各社、色々でておりますが多機能すぎて電動ガン用リポバッテリーなどの充電には何を選んでいいのか、何の付属品が足りないのか
      サッパリわかりません!

      という方が多いと思います。

      まず、ET1/LIPO1EG充電器のような単機能充電器との大きな違いは設定により

      ニッカド・ニッケル水素・リフェ・リポなど
      多種類のバッテリーに充電可能という使用になってます。

      また電源が家庭用コンセントのAC電源と12VDC電源を選択できる点。
      たとえば、フィールドで車のバッテリーから充電も可能な訳です。

      実際、そういったシュチュエーションが発生するかは分かりませんが(笑

      では、
      D1−M チャージャー
      の商品内容ですが、



      D1−M チャージャー 本体
      AC電源用コード
      ヨーロピアンコネクター>ラージコネクタ 変換
      バランシングチャージコネクタ(Jstxh型)

      電動ガン用リポバッテリー充電に最低限必要なものはセットされてますが、
      1つ足りないものとして



      ラージコネクタ>ミニコネクタ変換

      が足りません。

      あれ?

      と思ったと思いますが、実はマルチタイプの充電器のほとんどが、
      単機能充電器とは異なり、バランス端子からではなく電動ガンへ接続する
      出力コネクタから充電します。

      そして、バランス端子から計測しながらバランス調整充電をしますので、
      出力コネクタとバランス端子の両方を接続する必要があるんですね。


      では実際に充電してみましょう!

      マルチチャージャーの場合、充電端子はヨーロピアン端子というバナナ形状の差し込みになんるのですが、ここに付属のラージコネクタタイプを差します。



      次に、右側面に
      バランシングチャージコネクタ(Jstxh型)を差します。



      すると下画像のようになるのですが、



      この場合、ET1/7.4v2000mAhを使用しております。

      ここで電源を入れると画像の画面表示になります。



      画面説明すると下記です。

       Lipo       L-LIFE      [01]
      (バッテリー種類)(充電モード)(記憶メモリNo.)

       2000      1.0A        40℃
      (バッテリ容量)(充電アンペア設定値)(警報温度)


      1.バッテリー種類
        リポ・リフェなどバッテリ種類を設定します。
      2.充電モード
        ノーマルからロングライフなど多彩な充電方法を選択します。
      3.記憶メモリNo.
        充電設定を記憶させる設定No.
      4.バッテリ容量
        バッテリー容量を入力することにより適切に充電します。
      5.充電アンペア設定値
        0.1A単位で充電アンペア数を設定できます。
      6.警報温度
        過熱防止温度設定、室温+5℃が設定値らしいですが。

      ボタン操作は最左がモード選択、真ん中2つが選択の際の+−で決定は最右。
      充電スタートするときだけ最右ボタンを2秒押しでスタートです。

      では、充電スタート!

      スタートすると3画面が交互に表示されるようになります。



      これは各セルの電圧表示。
      ET1/7.4v2000mAhは2セルなので他の3.4はゼロ表示



      こちらは充電モード/経過時間(36秒)/総充電量
      充電アンペア数(リアルタイム表示)/合計ボルト数



      こちらは各セルの充電状態パーセント表示。

      充電完了するまで3画面が順に繰り返し表示されます。
      充電完了画面は下



      総充電時間/総充電量
      アンペア/完了電圧 が表示されます。

      充電アンペアが1Aの割に35分は早い気がします。
      多機能の割には操作が簡潔で使いやすいというのが感想です。


      アナタもお手持ち単機能充電器をよりバッテリー管理のし易い
      高性能・多機能なマルチタイプにしてみませんか?




      2017.08.11 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする